読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昭和44年男 - Stay foolish.

昭和44年生まれ、年相応っていうのが分からずにいる悩み多き中年のブログ。

ガンプラの思い出をつらつらと書いてみる回。

ガンプラ

若さとか歳とか関係なく常に過ち。

俺はまだNT-Dを発動していないだけだ!

どちらかと言うとニュータイプじゃない方のクラゲリオンです。

 

今回はつらつらとガンプラの思い出を書いてみたいと思います。

ちなみに、当方、昭和44年生まれです。

 

たしかガンプラが流行ったのが小学校5~6年生くらいかな。

wikiを見るとガンプラが急に売れ出したのが、1981年2月くらいとあったので、1981年だと小学6年生ですね。小学6年生というと、まだ夢も希望もあったよ。


それで、最初に手に入れたのは『グフ』です。グフフ。

実は自分の住んでる町には本屋も無いくらいだったので、プラモデルも生活雑貨を兼ねている駄菓子屋さんにボチボチ置いてあるくらい。

模型屋さんの場所は知っていても、電車に乗っていくか自転車で2~30分掛けていくか、さらに大きな模型店に行くにはバスに乗って行くか自転車で5~60分掛けて行くしかない地域でした。

そんな中、母親が親戚の家に行くことになって、親戚の住んでいる最寄りのバス停近くには大きなオモチャ屋さんがある。もしかしたらガンプラが手に入るかもしれない。というおもいで「なんでもいいからガンプラ買って!買って!買って!」と伝えたら、グフがやってきました。

なんでも店頭は売り切れだったけど、予約の取り置きで買いに来なくて残っているのを譲ってもらったとか。

ガンプラはなかなか手に入らないという事になっていたので、もともとダメ元でお願いしただけだったので、いい意味で期待を裏切られてテンション上がりました。

グフカッコよかったな~、ザクとは違うしね。あの青い色がしびれる。


初めてのガンプラは覚えるだけど、次に入手したのは何だったかな?

小学校時代に作ったのは、

ギャン
シャア専用ゲルググ
ゾック

それで飽きたのかな?

ギャンもナイスな感じだったし、ゲルググは文句なしでカッコよかった。

ゾックはアレですわ。ゾックでテンション下がったのかも。思い出補正ではゾックの総部品点数16個くらい。大味でカッコ悪い。それでいて高かった記憶が。ゾックが不遇と言うより、おれが不遇。ゾックは不遇と言うか不人気?

どうやってゾックを手に入れたかというと、当時、どこから情報を入手したのか覚えてないのですが、隣町の模型屋さんで、今度の日曜日、ガンプラが入るらしい。

朝早く並んで引換券をゲットして買うという情報を入手して、早起きして模型屋さんに行きましたよ。7時くらいには着いたのかな?7時に着くには5時半くらいに起きだして、ご飯食べて移動してみたいな感じです。それでもすでに並んでる人がいました。お店が10時から開店として、8時位に店頭で整理券を配る感じ。

で自分は最後の方だったので残っていたのがゾック。ひとつ前に並んでいた友達がゾックより良いやつが残ってましたよ。小学生の自分には、おそらくゾック以外はどれも良いやつと感じたでしょう。


ゾックは微妙だよ~
ゾックは微妙だよ~

そんな囁きが心の中で響くなか、せっかく来たし、並んだし、腐ってもガンプラだしで、迷いながらも引換券をもらったんだけどね。

引き換えてもテンション上がらず。
組み立て中もテンション上がらず。
組み立て終えてもテンション上がらず。

 

自分の記憶補正では総部品点数16個ぐらい、あ、これさっき書いたか。調べてみたら当時のキットのランナーの写真が見つかったので、部品を数えてみたらそれなりにあったけど(笑)

 

部品点数で言ったら他のキットもそんなに多くはないだろうけど、ゾックは他のモビルスーツに比べてでかい分、なんか大味に感じちゃうんでしょうね。

 

ゾックが好きで、ゾックの造形にゾックゾックしちゃう人ゴメンなさい。

ガンプラブームの中にあって、おれのガンプラ熱はゾックによって終了したんだと思います。

 

ジーク・ジオン!