読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TRY AGAIN - 昭和44年男

昭和44年生まれ、年相応っていうのが分からずにいる悩み多き中年のブログ。

身近にギターをやっている人がいなかったので、相談とかしないでギター初心者の自分が考えて購入したエレキギターと周辺機器 その1

やりたい事100のリスト エレキギター

なんかタイトルが長くなってしまった。

 

ちょっと前からフツフツとギターに興味が湧いてきたのですが、つい先日、とうとう購入しちゃいました。

 

買うかどうか、そうとう考えました。

 

土曜日に初めて楽器屋さんに行って、Pignoseのアンプ内蔵ミニギターが可愛くていいな〜から、エレキギターの事をちゃんと調べ始めたり、初心者向けセットをリサーチしたりで、購入を決めたのが水曜日。

 

今回はお店ではなく通販を利用しました。

 

 

悩んだというのは金額的な事よりも、ギターという楽器が自分に合うかどうかとか、上手く引けるようになるのかとか、興味を持ったはいいが、想像してた感じと違ってやらなくなっちゃったらもったいないとか、いろいろ考えちゃった訳ですよ。

 

結構、熱しやすく冷めやすいというか飽きっぽいというか、熱中すると飯も食わずに朝から晩までやっっちゃったりするんだけど、そうでない可能性も無きにしもあらず。

 

自分みたいに興味を持ったと言いつつ、購入を悩んじゃう人っていると思うんですよね。

 

身近でギターをやっている人がいれば、ちょっと触らせてもらったりとかできたかもなんですが見事に居ない。写真のモデルになってくれた子がバンドをしていて、ちょっと持たせてもらった事があるけど、今じゃ連絡が取れないし。

 

そんなこんなで、自分でいろいろ調べながら購入しました。

 

 

楽器屋さんで最初に欲しくなったギター

最初に楽器屋さんで見ていいなと思ったのがPignoseというメーカーのPGG200。

メタリックブルーが、オールドスクールなアメ車っぽい雰囲気があってなんかカッコよかったです。ミニギターなのでカッコ可愛いというか。

PGG-200 | ITEMS(製品情報) | Aria Guitars

 

調べてみると、これはアンプ内臓のミニギターでこのギターがあれば、それだけで音が出せちゃう優れものでした。

 

エレキギターはアンプと接続して音出す楽器なので、ギター本体と合わせてアンプという器械が必要になります。あとギターとアンプを繋げるケーブル。なので予算を決める時に、エレキギター本体の他にアンプとケーブルを含める必要があります。

 

店頭で見かけた値段が22,800円(税抜き)、税込みだと24,624円で、試しにAmazonで調べてみたら初心者セットになった物が21,800円(税込)でありました。本体のみでも同等の金額だったので、セットになっている方がお得。

 

ちょっとお高くなりますがギター表面の塗装が、ちょっと凝ったシースルー・バージョン。

 

もうこれにしちゃおうって思った訳ですよ。

 

店頭で見ていいなと思ったし、アンプ内蔵なので、このギターがあればとりあえず練習はできるし、ミニサイズでデザインも可愛いので、最悪、使わなくなったとしてもインテリアになるとか思っちゃたりして。

 

 

どうも左利きの方がしっくりくる問題 

エア・ギターっぽくギターを持つ仕草をしてみると、右手がネック、左手がボディとなっていたので、ギターとはそういう物だと思ってました。でもこれは通常と逆で左利きの人の持ち方だったようです。

 

ギターを持たせてもらった時に、それだと逆ですよと教えられ「え!こっち?」「こうじゃないの」って、また逆に構えようとしたら「違います」と言われました。

 

ギターを演奏する時に、ピックを持って弦を弾くピッキング(通常右手)と、弦を押さえるフィンガリング(通常左手)というのがあるのですが、どっちも重要なんでしょうが、初心者的には、より複雑で難しく思えるフィンガリングをなんで左手でやらなきゃいけないの?右手の方が器用に動きそうなのに・・・と思っちゃった自分がいる訳ですよ。

 

あと自分の場合、右手の指は、ピンと伸ばした状態で各指が独立して動くんだけど、左の指は隣の指がつられて動いちゃう。練習(訓練)すれば独立して動くようになるんでしょうけど。

 

そんな事もありつつの、左利きのギタリストは目立つという解説を『エレキギター博士』のサイトで見つけ、これから覚えるんだったら右も左も変わらないだろうから、左利きで練習してみようと決めました。

 

左利き唯一の利点が、“左利きギタリストの人口が少ないのでとにかく目立てる”だそうです。あとは伝説的なギタリストのおかげで左利きはカッコいいみたいな。その他はデメリットが多いらしいです(笑)

 

そんなこんなで左利き用のエレキギター探しが始まりました。

 

 

左利き用の初心者セット

ガンプラやら家電製品でもAmazonの利用頻度が高い生活を送っているので、エレキギターもAmazonで探したわけですよ。

 

左利き用の初心者セットもすぐに見つかりました。見つかった事は見つかったのですが、どれがいいのか分からない。why?ですよ。

 

左利きの初心者セット

この時点では、まだエレキギターの事がよく分かっていなかったので、とりあえず初心者セットから選ぼうみたいな気持ちでした。初心者セットだと必要な物があれこれ考えずに揃うだろうと。

 

16,000〜28,000円前後の価格の商品が割りと最初に見つかる。

 

もうちょっとお安めの初心者セット。

 

実際に探してみて初めて左利きのデメリット、種類が少ないにぶちあたります。例えば上記のSELDERのセットも、左利きは3色、右利きは15色のラインナップ!しかも左利き用よりお安い価格設定。

 

ほんのちょっと、やっぱ右利きで始める?とか思っちゃいました。左利き用を買いましたけど。

 

 

初心者セットといえハズレは引きたくない

初心者セットが、ズブの素人でも破格の料金設定というのは分かるのですが、その破格であってもハズレは引きたくない訳で、価格設定は企業努力であったり戦略であったりすると思うので、ハズレとか言っちゃうと申し訳ないので、言い替えるとなるべく良い物を選びたい

 

価格の安い初心者セットとは言え、なるべく良いものを選びたいと思い、ギター本体のメーカー(ブランド)名で検索したり、エレキギター本体の次に重要だと思われるギターアンプを単品で検索したりして評判やらレビューを集めました。

 

エレキギターに限らず、安い商品というのは安いなりの理由がある訳で、どうも評判は芳しくない。

 

レビューを見てると、格安ギター愛好家みたいな人のレビューも見つかって、読んでいて興味深かったのですが、ギターを弾ける人が敢えて格安ギターを買って自分自身で改造したり調整を楽しんでたりするので、自分にはまだハードルは高いな〜と思ったり。

 

いろいろ調べていくうちにエレキギターギターアンプ、ギターとアンプをつなぐシールドケーブルの3点があればいいんだなというのが分かりました。

 

すでにエレキギターを弾いている人からみれば、「ここまできて、やっとそこ!」って思われるかもですが、やっとここです(笑)

 

アコースティック・ギターの音がでる仕組みは分かるのですが、なんで電気で音がでるんだって?ってちょっと前まで思ってましたからね(笑)

振動だか信号を電気に変えて音を鳴らすってどんな仕組みよとかも思ってました。

 

自分で書いてて残念な人に思えてくる(泣)

 

 

それで、初心者セットで買っても、最初は使わない物も付いてきたり、格安の商品を集めたセットなんだろうな〜と思いはじめ、単品での購入を考えはじめます。

 

 

単品での購入を決定付けた商品

エレキギター本体、ギターアンプ、シールドケーブルの3点があればいいとなったので、選択肢に自由ができました。ギターアンプを調べていくとVOXというメーカーのヘッドホン用ギターアンプが見つかりました。

 

【amPlug2】というシリーズの商品です。

 

amPlug2をギターに直接付けて、amPlug2にはヘッドホンを差し込んで、ヘッドホンを介して音を聞けるというものです。自宅で練習するのに大きな音はだせませんから、ギターアンプを買ってもヘッドホンを付ける事になるだろうなと考えていたので、ちょうどいい商品でした。

 

ヘッドホンは持っているので、これとエレキギターがあれば、とりあえず始められる!みたいな感じです。

 

エレキギター用は3種類発売されていて、それぞれエフェクトが違います。

amPlug2 AC30

 

amPlug2 Classic Rock

 

amPlug2 Metal

 

 

「このヘッドホンアンプとギター本体の最小構成にしよう!」と思ってAmazonの欲しい物リストいれました。

 

 

最終的に決めたギターアンプ

amPlug 2とギター本体で決まり!となったのですが、いざ買おうと思うと、「そういえばヘッドホンをずっと付けてると耳が痛くなるんだよな〜」とか、「やっぱ空気を介して音は聞きたいよな〜」とか、普通のギターアンプでもヘッドホンは付けられるタイプが多そうだし、ヘッドホン限定より、あと数千円足して普通のを買おうとなりました(爆)

 

 

最終的に決めたギターアンプはこちら

 

VOX コンパクト・ギターアンプ Pathfinder 10

 

初心者セットに付いてくるギターアンプを単品で調べてみると、実売価格が3,000円台、4,000円台だったりしたんですよ。それでいてレビューは、あまり良くないという・・・

 

そうするとセットで購入したはいいけど、性能の部分で新しいのが欲しくなってしまっては、セットを購入した意味が無くなってしまうので、Amazonでレビューの良かったこちらの商品にしました。

 

同じVOXのamPlug 2が3,000円台後半のお値段なので、約2,000円程お高い感じになりますが、ボリューム以外にも音の調整ができて、ヘッドホンも使えるので練習用にはちょうどいいかなと判断しました。

 

 

こんな感じのパッケージ!

英語で10Wのギター練習用アンプと書かれている。

f:id:kurage69:20170205212735j:plain

 

本体はこんな感じ!渋い!カッコいい!

f:id:kurage69:20170205213013j:plain

 

少年の心をくすぐるスイッチ類!

f:id:kurage69:20170205213102j:plain

 

VOXのエンブレム。ボックスじゃなくてヴォックスなのがいい!

f:id:kurage69:20170205213208j:plain

 

 

アンプとつなぐシールドケーブルは1000円前後のを選びました。

自分は同じVOXの800円のケーブル。

f:id:kurage69:20170205213827j:plain

 

ケーブルに関しては店頭でも1,000円前後から売っていたので、お店で気になったのを購入してもいいと思います。

 

 

あと初心者セットに含まれるチューナーですが、こちらを購入しました。

f:id:kurage69:20170205214140j:plain

 

 

ギタースタンドも1,000円ちょいだったので、一緒に注文。

 

 

  • ギターアンプ VOX Pathfinder 10 / 5,940円
  • シールドケーブル / 800円
  • チューナー / 980円
  • ギタースタンド / 1,275円

 

周辺機器の合計が8,995円です。

 

 

エレキギター本体は約16,000円の商品にしたので、約25,000円の初心者セットみたいな感じです。

 

この自分で構成したセットにするか、とりあえず買ってみなきゃ分からないし、そもそも初めての1本なのでギターの良し悪しなんて分からないんだから、最小限の出費に押さえて11,900円のセットにするかは、ギリギリまで悩みました。

 

 

購入したエレキギターまで一気に紹介したかったのですが、自分としては結構な長文になってしまったので、ギター本体は次回に紹介したいと思います。